坐骨神経痛

坐骨神経痛の女性

  • 腰も痛いがお尻や太もも、足もしびれる
  • 痛くて長い距離を歩けない
  • 椅子からの立ち上がりがつらい
  • 座っても寝ても痛い
  • あちこち通ったが思わしくない

腰の痛みは、男女問わず多くの方がお悩みですね。「ビリビリ」「ジンジン」といった様々な表現で表される坐骨神経痛は、腰の痛みのほか、お尻や太もも、足の先といった下半身に痛みやしびれを感じます。

坐骨神経痛とは?

施術の様子坐骨神経痛は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などが原因で、坐骨神経に痛みやしびれが生じます。お尻から太もも、ふくらはぎへと繋がる坐骨神経は末梢神経の中で一番長く、太い神経です。

また、膝から脛、足の裏まで伸びているので痛みやしびれが出る範囲も広く、感じ方も人それぞれです。「電気が走るような」「張りが強く突っ張った感じ」というように不快な感覚に見舞われます。

  • 身体を動かすと痛みやしびれが強くなる
  • 前にかがめない、後ろに反らす事が出来ない
  • 足に力が入らない
  • 足を触ると感覚が鈍くなっている
  • 長い距離を歩くことが出来ない

ほとんどの場合、片側のお尻や下肢にあらわれますが、両側に感じる場合もあります。これらのような不快感や痛みを放っておくと、排泄が困難になったり、座っても寝ても痛い、痛くて歩けないなど、日常生活にも支障をきたしてしまいます。

このようなが痛みや不快感などがありましたら、悪化する前に適切な検査・施術が大切です。

坐骨神経痛を招くもの

椎間板ヘルニア
骨と骨の間にクッションのような役割を担っている椎間板というものがあり、身体への衝撃を吸収する働きをしています。
その椎間板が何らかの原因でつぶれて後方へ押し出され、神経を刺激するので痛みが起こります。
  • 高齢者よりも、20~40代の働き盛りの男性
  • 前かがみの姿勢で、痛みやしびれが強くなる
  • 足やお尻にしびれ
  • 足首が思うように動かせない
  • ズボンや靴下が履きにくい
脊柱管狭窄症
背骨の内側に神経の通り道であるトンネルがあり、このトンネルを脊柱管と呼びます。
加齢とともにトンネルが狭まり、神経を圧迫します。
中高年に多く、元々、腰痛持ち、腰のケガなどを繰り返している方などに多く見られます。
  • 足の痛みやしびれ
  • 一度に長距離を歩けない
  • 足に力が入らず、つまずきやすい
  • 階段が昇りにくい
  • 残尿感など排尿困難
梨状筋症候群
運動やスポーツなどによって、梨状筋(お尻の奥の方にある筋肉)が炎症をおこし、坐骨神経を圧迫します。
  • 長時間のデスクワークなど同じ姿勢
  • 激しい運動やスポーツ
  • 腰や股関節に強く負担がかかる

ひつじ鍼灸整骨院 坐骨神経痛の施術

坐骨神経痛施術の3つのポイント

丁寧なカウンセリング

カウンセリングの様子坐骨神経痛の痛みやしびれは、ある日突然ではなく、徐々に表れるものです。
お1人おひとりの痛みやしびれの原因を、しっかり検査し、見極めていきます。
その為に、時間を掛けてカウンセリングと検査をします。

ボキボキしない優しい施術

施術の様子「痛い」イメージがあるかもしれませんが、身体への負担を限りなく減らして施術します。
アメリカからカイロプラクティック専用のコンピューターを導入し、優しい施術を心がけております。
そうすることで、元々持っている自然治癒力を最大限に引き出し、その力で、身体を整えていくことが出来ると考えております。

医療機関と連携

医療機関との連携のイラスト医療機関とも連携をとりながら、専門的かつ的確な判断で坐骨神経の痛みやしびれに対応しております。

 

 

 

ひつじ鍼灸整骨院では、一向に良くならない坐骨神経痛の痛みやしびれは、姿勢の歪みが原因である、と考えております。
あちこち通われ、色々な事も試されてきたのではないでしょうか?

皆さん、お顔が違うように、痛みやしびれの感じ方も、それぞれ違います。
その方のお悩みに寄り添う形で真摯に向き合っていきます。

痛くて諦めている旅行や趣味、スポーツなども、きちんとした分析・判断・施術を行う事で、叶えられます!
痛みやしびれは身体からのサインです。
しっかりと健康な身体を取り戻しましょう!